犬のシャワーで気をつけること

犬のシャンプーをするときのすすぎのお話です。シャンプーのあとのすすぎは、顔からやります。シャンプーが残らないようにきれいにシャワーですすぐことが大事です。シャンプーが残っていると肌をいためる可能性が出てきます。

ちなみにシャンプー残りに注意するところは、脇下、耳裏、股の内側といったところです。シャンプーのあとはリンスをします。リンスをすると、毛がふわふわになります。リンスするのは面倒かもしれませんが、リンスしないと、パサつく感じになりますよ。

リンスはあらかじめおけか、バケツのようなものに、リンス液を作っておくことになります。犬をそこに入れ何度かけ流します。そして、リンスももちろん、十分にながす、すすぐことが重要です。
犬用のシャンプーですが、いろんなものがありますので、飼っている犬に合うものをお試しください。犬をシャンプーして、犬と楽しくスキンシップできるといいと思います。最初は、シャワーをいやがるかもしれませんが、やがて慣れてくるかもしれないです。

飼い主と犬との信頼関係があれば、楽にシャワーできるようになるでしょう。やがて、シャワーに静かに入ってくれるようになったら、おやつをあげ、ほめてあげるということも大切です。