HIVの薬

熱がなかなか下がらない、といったHIV感染への不安がある場合は、まずは、検査することが大切です。保健所や病院で受診し、自身のHIV感染の状況を把握することがなによりも大切です。ということで、HIVの検査を受けることをおすすめします。エイズ検査を自宅が受けられるといいのですが。

そして、病院でHIV検査を受けることをおすすめしますそのメリットとは、次のようなことです。まず、病院があいていれば、いつでも検査してもらえることです。保健所でも検査が可能ですが、検査日が指定されています。また、何かの自覚症状がある場合には医師による診察を受けることが出来る点もおおきいです。HIV陽性となった場合、検査から治療がスムーズに行うことができます。保健所でも検査が可能なのですが、やはり、病院の方がいろいろと体制が整っているのです。

最初から病院に行った方が手っ取り早いという場合があります。たとえ、HIVに感染していたとしても、医学の発達で、抗HIV薬が開発されていて、延命治療が可能になっていて、もはや死の病気ではなくなりました。しかし、完治はできませんので、ずっと薬を飲み続けるということになりますが、死の恐怖から逃れられるようになったという点では進歩しています。