1月, 2017 からの更新 コメントスレッドの表示切替 | キーボードショートカット

  • here748 8:08 PM | 2017年1月3日 パーマリンク | 返信  

    犬のアトピー 

    犬の皮膚病のアトピーの場合も、その処方は人間同様にステロイド剤を与えるようです。でもやっぱりステロイド剤はキツイところがあるので、最近は犬の皮膚炎の薬の非ステロイド剤のアトピカを処方する場合も増えてきているようです。いずれにしても皮膚病は大変です。

    かゆいというのはつらいです。犬の場合のアトピーに対する体質改善は、食べるもので改善していくことが基本になります。犬のアトピーはその原因がはっきりと解明されていないため、確実にこれで完治するという療法はないとお考えください。犬のアトピー治療について調べてみると、動物病院関連や民間療法など、さまざまなものが紹介されています。

    どの療法がいいかは、実際やってみないとわかりません。まずは、肌をきれいに清潔に保つことがおすすめです。アトピー性皮膚炎の場合は、保湿が必要だと言われておりますので、シャンプー、保湿液等で、手当をいたします。皮膚が乾燥してしまうとかゆみが増してしまうので、十分に気をつけるようにします。シャンプーは、保湿性の高いものを使い、症状をコントロールするようにします。

    なにより皮膚を清潔に保つことが大切となります。他の検討事項としては、サプリメントでもアトピーに有効とされているものもあります。知られているものでは、霊芝や、オメガ3脂肪酸となります。実際に効くかどうかは、試しながらということになります。

     
  • here748 7:22 AM | 2017年1月1日 パーマリンク | 返信  

    フィラリアを予防しましょう 

    フィラリアのことを、あなたはよく知っていますか? ペットを飼っていて病気のことに関心がある人なら知っているのではと思います。フィラリアは恐ろしいもので、フィラリアが原因で犬が死んでしまう事もあります。蚊がでてくる春の季節になったら、また、なる前にはフィラリアについてきちんとした予防法や対策などの正しい知識を身につけたうえで、大切な愛犬を病気から守ってあげることが肝心です。

    ここで出てくるフィラリアとは寄生虫の名前で、そうめん状の寄生虫で、30cmもの成虫になる場合もあります。犬の心臓や肺動脈に寄生するのです。そのためにお察しのように血液の循環を妨げ、心臓や肺の機能を低下させ死に至らしめるのです。呼吸、体力が落ちた、食欲がない、元気がない、といった体の異常が見られたら動物病院に行きましょう。

    しかし、この段階になったらフィラリアになっているということですので、時すでに遅しとなっておりますので、何よりも予防が肝心です。早期発見で成虫になっていなければ投薬で治療できる場合もありますので、とにかく病院へ急ぎましょう。予防は簡単です。塗り薬と飲み薬があります。塗り薬の方か簡単です。フィラリアのお薬としては、レボリューションという薬が有名です。首筋に所定量をぬれば終わります。

     
c
新規投稿作成
j
次の投稿 / 次のコメント
k
過去の投稿 / コメント
r
返信
e
編集
o
コメント表示 / 非表示
t
トップへ移動
l
ログインへ
h
ヘルプを表示 / 非表示
Shift + ESC
取り消し